FC2ブログ

ハルジオン

野の花を想いながら詩を書いています

秋桜

やっと とげが抜けた
痛みをともなって
繰り返し訪れていたものが
消えていった
あの朝の秋

その花の風情から受けた秋が
老いた心にからまって
幾度となく思いだされた
秋のとげのように

空 高く澄み
川辺に咲く秋桜は
少女のように笑う
おだやかな秋
これも秋


スポンサーサイト
[ 2018/11/04 08:07 ] | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する