FC2ブログ

ハルジオン

野の花を想いながら詩を書いています

心のままに

ちぢこまって まるまって
固く膝を抱えている
つらいのなら しょうがない
そうしないと心を守れないのなら

でも 時が過ぎたなら
自分の感性のままに感じよう
誰に遠慮がいるものか
心が感じることを喜んでいいんだ

つらいことがあったから
何も感じたくないって?

でも 傷が癒えたなら
少しずつ力を蓄えられたなら
心のままに感じよう

自分を二の次にしないで
心が感じることを後回しにしないで
閉じ込めたりしないで
心のままに感じていいんだ
この心のままで生まれてきたのだから

風が 頬をなでるでしょう
花がきれいに 咲くでしょう
そう感じることを喜んでいいんだ

弱くたって細くたって
この心のままで生きていく

夕方の空に 星が一つ輝くでしょう
月がやさしく 光るでしょう





スポンサーサイト
[ 2018/06/21 17:05 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する