FC2ブログ

ハルジオン

野の花を想いながら詩を書いています

灰色の空から白い雪が降ってくる
ふわり 手のひらの上
つかまえたと思ったら 儚くとけた

こんなにもすぐにとけて消えてしまうのなら
いっぱい夢みればいい
こんなにも短いのなら

空で生まれていっぱい夢みながら
地上へ舞い降りてくればいい
いっぱい夢みればいい




スポンサーサイト
[ 2017/12/24 14:27 ] | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する