FC2ブログ

ハルジオン

野の花を想いながら詩を書いています

青空

ふたりで買い物に行った
荷物を半分持ってくれた
何でもないことがいつものようにできる
スーパーから出たら空が青くって
幸せだなあと思った


スポンサーサイト
[ 2018/12/22 22:38 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

ふたり

あんなこともあったねと
いつか 笑い合う日が来るといい
寄り添う気持ちがあれば
ふたり つらいことも笑い話になる


[ 2018/12/18 23:21 ] 未分類 | TB(-) | CM(1)

無題

愛してるなんて言えない
けれど愛してないわけじゃない
数十年の間に折り重なった感情をどう表せばいいのだろう

自分の身にふりかかった病を、平静に受け止めていたあなたが
度重なる試練に、だんだんと怒りっぽくなっていった
人を悪くいうことが増えていった
私にだから感情をぶつけられるんだとわかっていても
心ない言葉に小さな傷が増えた

愛してるなんて言えない
そんなふわりと夢みるような言葉



麻酔からなかなか目覚めないあなたの寝息が、急に静かになる
ふと不安になり、鼻の近くに指を近づけてみるけど
息をしているかわからない
首筋から頬に触れてみる
その冷たさ
足元ががくがくとふるえ崩れそうになる
突然、恐怖が襲う
あなたが息をしなくなる
あなたが冷たくなる
あなたがこの世からいなくなる恐怖

「おとうさん、おとうさん」
声に反応して、あなたの顔が動く
生きてる
安堵が広がった


かけがえのない人
傷つけあっても、数十年を共に歩んだ、私にとってかけがえのない人
愛してるなんて今は言えない
でもその底には、愛が流れている



[ 2018/11/30 21:58 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

ハジケテトンダ 草の種

何もないような素知らぬふり
ハジケテトンダ 草の種
消えていくポーカーフェイス
哀しいのはだあれ

「生きるって、つらいことが多い」
ただ声に出して言ってみる

草の波
風が渡る
ハジケテトンダ 草の種

いっそ泣けたらいいのに
空は曇り
雨じゃない
晴れたり曇ったり
いっそ笑おうか

草の波
風が渡る
ハジケテトンダ 草の種



[ 2018/11/11 23:35 ] 未分類 | TB(-) | CM(0)

秋桜

やっと とげが抜けた
痛みをともなって
繰り返し訪れていたものが
消えていった
あの朝の秋

その花の風情から受けた秋が
老いた心にからまって
幾度となく思いだされた
秋のとげのように

空 高く澄み
川辺に咲く秋桜は
少女のように笑う
おだやかな秋
これも秋


[ 2018/11/04 08:07 ] | TB(-) | CM(0)